ブルーレイレコーダー 選び方

ブルーレイレコーダーの選び方

ブルーレイレコーダーの選び方のコツは、初心者の場合、500GB程度の容量でハードディスク・デジタルWチューナー搭載のものの中から選ぶことです。パナソニック、シャープ、ソニー、東芝がランキングや口コミで評価が高いようです。メーカーが決まったら、通販の激安店で価格を比較してみましょう!

TOP 家電・AV・カメラ
ブルーレイレコーダー・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
DVDレコーダーといえば、だんだんとブルーレイが普及しつつありますね。

ブルーレイが一般的なDVDレコーダーと最も異なるところは、記録容量が通常DVDの5倍以上だということです。

ですから、地上デジタル放送やハイビジョン放送をそのままきれいな画像で保存できるのです。

記録時間は、250GBであれば220時間、500GBであれば、442時間程度ですのでかなりの容量だといえるでしょう。

代表的なものでは、ブルーレイのさきがけである「シャープ」の「AQUOS」です。口コミなどでの評価も上々です。

「パナソニック」の「ディーガ」、「東芝」の「VARDIA」も価格の面ではAQUOSよりも安いので注目されているようですね。
ブルーレイレコーダーを選ぶときのポイントは、「本当に必要なのか」「容量」「デジタルWチューナーが必要か」「必要な機能がついているか」などのほか、まだ地デジ対応テレビではない場合には、ブラウン管にも対応できるのかどうかも重要になります。

特に初心者の場合は、ブルーレイレコーダーを購入する目的をはっきりさせ、500GB程度の容量でハードディスク・デジタルWチューナー搭載のものがおすすめです。

口コミを見てみると、「そんなに録画しないだろう」と思って250GB程度のものを購入したけれど、実際に使ってみるとスイスイ録画できるので
いつのまにかハードディスクが足りなくて後悔している人が多いようですよ。

価格の面が気になるようなら、インターネット通販で激安店を探すと、1つ上のランクのものが購入できそうです。

ブルーレイレコーダー・ランキング
ブルーレイレコーダー・口コミ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio