ベビーシート 選び方

ベビーシートの選び方

ベビーシートは法律で装着が義務づけられています。ベビーシートを選ぶときには、まず、ベッド式、シート式などのタイプを決めます。安全性の面で最も人気があるのはドイツ「レーマー社」のもの、「コンビ」や「グレコ」「TOPEAK」、また、「レカロ」もデザイン性重視の人には支持されています。ランキングや口コミサイトで比較して選んでみましょう。

TOP キッズ・ベビー
ベビーシート・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チャイルドシートの中でも、新生児から使用できるように設計されているのがベビーシートです。

ベビーシートは法律で装着が義務づけられていますので、妊娠中から準備する人も多く、プレママにとってはどんなものがいいのか迷うところですね。

ベビーシートは、首がすわっていない赤ちゃんで体重が10kg未満の乳幼児用のもので、大きく分けると横向き取り付けのベッドタイプと後ろ向き取り付けのシートタイプがあります。

安全性の面で最も人気があるのはドイツの「レーマー社」のものですが、「コンビ」や「グレコ」「TOPEAK」、また、「レカロ」もデザイン性重視の人には支持されています。

また、TOTOからは、トイレで使える「ベビーシート」も発売されていますが、これは一時的に赤ちゃんを乗せる台のことなので少し違うかもしれませんね。
ベビーシートを選ぶときには、まず赤ちゃんを車のどの位置に乗せるのかを考えます。それによって、ベッド式、シート式などのタイプが決まってきます。

座面がくるっと回ってどちらにも使えるタイプもあるようですが、少し値段が高くなります。

一般的に長く使えるものは、価格も高くなりますが、成長に合わせて段階的に使えるのは魅力的ですね。

選ぶときのポイントは、まず「安全性」そして「使いやすさ」、「価格」「使える期間」「通気性や清潔さ」などです。

インターネット通販を利用して、口コミやランキングを参考にして、いろいろな商品を比較しながら選ぶのはおすすめですが、忘れてならないのは、自分の車に装着できるかどうかをしっかりと確認することです。

ベビーシート・ランキング
ベビーシート・口コミ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio