チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの選び方の基準は、自動車のシートに取り付けが簡単なもの、あまり重くないもの、カバー類やクッションが取り外せるものがポイント。人気は、「タカタ」「レカロ」「アップリカ」などですが、最近では「カーメイト」や「リーマン」も注目されています。人気ランキングや口コミなどを使えば、簡単に比較して選ぶことができますよ。

TOP キッズ・ベビー
チャイルドシート・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
チャイルドシートは簡単にいうと大人でいうところの子供用のシートベルトのようなものになりますね。

シートベルトが使えない乳幼児や児童にとって、チャイルドシートは命を守る大切なものになりますので、それぞれの成長に合わせた最適なものを選びたいですね。

チャイルドシートは正式には「幼児用補助乗車装置」とよばれ、子供成長段階に合わせて3つの種類に分けられます。

まず、首がすわらない新生児から体重10kg未満の「乳児用」のものは、寝かせて乗せるタイプになります。

そして「幼児用」は体重が9kgから18kgくらいまでの首がすわって自分で座れる子供に使います。

中には乳児期には寝かせて使い、大きくなったら座って使うこともできる兼用タイプも人気があるようです。

そして体重が15kgを超えると学童用のジュニアシートに移行する人が多いようです。

これは大人用のシートベルトを掛けて使えますので子供も嫌がらず、快適に使用できます。
チャイルドシートを選ぶときにはまず「道路運送車両」の保安基準に適合しているか必ず確認しましょう。

国土交通省が認定している商品には特定のマークがついていますよ。

そのほかのチェックポイントとしては、取り付けが簡単なもの、あまり重くないもの、カバー類やクッションが取り外せるものがいいでしょう。

シートベルトの役割を考えると背もたれが高いもので、サイドサポートが大きく、ベルトの長さ調節がしやすいものがおすすめです。

チャイルドシートは正しく取り付けることが最も重要になりますので、取り付け、取り外しがしやすいものを選びましょう。

人気があるのは、「タカタ」 レカロ 」「アップリカ 」などですが、最近では「 カーメイト 」や「リーマン 」も注目されています。

自動車の車種によっては取り付けられないものもあり、BMWやアウディなどの外国車は特に注意が必要です。

チャイルドシート・ランキング
チャイルドシート・口コミ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio