エレキギター 選び方

エレキギターの選び方

エレキギターを選ぶときは「価格」「音質」「見た目」の3つの点に注目。インターネット通販では初心者入門用としてアンプがセットになったものもたくさんの種類があります。コードやチューニングを覚えるには十分ですね。また、中古品で使い古されたビンテージな雰囲気を味わうのもいいですね!

TOP 家電・AV・カメラ
エレキギター・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エレキギターは「エレクトリック・ギター」とよばれ、ボディの部分の構造や形状によって、大きく3種類に分けられます。

「ソリッド・ギター」は空洞のないボディ構造が特徴で、現在はエレキギターというとほとんどがこのタイプになります。

空洞がないのでハウリングを起こしにくく大音量を出すのに向いています。

「フル・アコースティック・ギター」は、ボディが空洞になったもので、音に深みと甘さがあり、生の音でも豊かな響きを感じることができますが、ハウリングを起こしやすいというデメリットがあります。

「セミ・アコースティック・ギター」は、ちょうど中間的なタイプで、ボディ内部は中央部のみに木材が詰められています。

エレキギターは、演奏だけではなく、インテリアとして部屋にかっこよく飾っている人もいるようですね。。
エレキギターを選ぶときは「価格」「音質」「見た目」の3つの点に注目します。

まず「価格」は、いろいろありますが、初心者だからといってわざと安いものを選ぶ必要はなく、だいたい2万円から3万円くらいのものを選べば間違いないでしょう。

インターネット通販では入門用としてアンプがセットになったものもたくさんありますのでおすすめですよ。

「音質」は、アンプを通したときにどのような音となって聞こえるかということですが、これは自分の好みになりますので、実際にいろいろな音を聞いてみるのが一番です。インターネットの ランキング 口コミなども参考になりますよ。

そして「見た目」重視の人は、演奏目的よりもインテリア性に重点をおいていますので、気軽に弾けて部屋においてもかわいいタイプや変形ギター、オーダーメイドもいいですね。

中古品で使い古されたビンテージな雰囲気を味わうのもいいでしょう。

中には自分の好きなアーティストが使用しているものを選ぶ人もいるようですが、価格的には数十万円ほどになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio