遠近両用メガネ 選び方

遠近両用メガネの選び方

遠近両用メガネを選ぶときには、フレームのデザインや価格よりもまずは適切なレンズを選ぶことが大切です。車の運転をする場合は、特に注意が必要ですね。通販では、レンズとフレームがセットになった値段が激安、格安のものも多いので、特に加入度数の軽い人にはおすすめですよ!

TOP バック・小物・雑貨
遠近両用メガネ・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
40歳を過ぎると悲しいかな「老眼」が始まる人も多く、もともと近視がある人なら近視にも対応できる「遠近両用メガネ」が必要になります。

老眼用のメガネは手元など近い距離を見るときに使うメガネですが、そのまま遠方を見るとぼやけてしまうため、いちいちメガネを掛けなおしたり、外す必要がありました。

これらを解消するために開発されたのが
遠近両用メガネなのです。

ひとつのレンズに2つ以上の違う焦点が組み込まれたレンズを使用しているもので、多重焦点レンズが使われています。

最近では著しい進歩によって、レンズの境目がない「累進屈折力レンズ」が主流ですが、極端に激安のものではこのレンズではないものもあるようです。
遠近両用メガネを選ぶときには、フレームのデザインや価格よりもまずは適切なレンズを選ぶことが大切です。

以前は老眼と近視の境目がはっきりと分かれていましたが、現在では境目がわかりにくいレンズが主流です。

自分の加入度数に合わせて、「遠近両用レンズ」「中近レンズ」「近近レンズ」の中から使用するシチュエーションも考慮して選びましょう。

遠近両用メガネは視野が狭くなったり、ゆがみなどの違和感を感じることが多く、加入度数が進むと慣れるまでにそれだけ時間もかかってしまうようですね。

室内用なら「中近レンズ」、デスクワークなら「近近レンズ」がおすすめです。

最初の1本は、必ず眼科医できちんと測ってもらい、自分に合うものを作るのが基本です。

おしゃれ用や外出用などをお探しならインターネット通販を利用するといいですね。

レンズとフレームがセットになった値段が格安のものも多いので、特に加入度数の軽い人にはおすすめですよ。

老眼鏡・ランキング
老眼鏡・口コミ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio