ヘルメット 選び方

ヘルメットの選び方

ヘルメットを選ぶときにはまず自分の頭のサイズをきちんと測ります。自転車用ならこのサイズが合えば、だいたいOKです。昔から人気があるのは、「ショウエイ」「アライ」など、最近では「OGK」アメリカ生まれの「シンプソン」、イタリア発のおしゃれな「MOMO」、ドイツの「シューベルト」なども人気となっています!

TOP スポーツ・アウトドア
バイクヘルメットカタログ 自転車ヘルメットカタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヘルメットはバイクや自転車に乗るときには、欠かせないアイテムで、大切な頭を衝撃からしっかりと守ってくれます。

よくいいかげんにかぶっている人を見かけますがそれでは全くヘルメットの役割を果たしていませんね。

ヘルメットは正しくかぶってこそ、初めてその重要な役割を果たすことができるのです。

バイクや自転車は転倒したとき、体ももちろんですが、特に頭を強打することが多いのでヘルメットをかぶっているかどうかがケガの大小に大きく影響してくるのです。

昔から人気があるのは、「ショウエイ」「アライ」などですが、最近では「OGK」アメリカ生まれの「シンプソン」、イタリア発のおしゃれな「MOMO」、ドイツの「シューベルト」なども人気となっています。

また、ヘルメットはバイクや自転車だけではなく、工事現場や建設現場でも作業用ヘルメットをかぶるのが義務付けられています。

もちろん形状は異なりますが、頭を危険から守るという意味では同じです。
ヘルメットを選ぶときにはまず自分の頭のサイズをきちんと測ります。

このとき、額と後頭部の一番出っ張っているところ、そして耳のすぐ上を通るラインで計りましょう。

自転車用ならこのサイズが合えば、だいたいOKです。バイク用の場合は、顔と頭全体を覆う「フルフェイス」と顎の部分だけが出ている「ジェット」があります。

ジェットタイプは見た目もおしゃれで開放感がありますが、やはり安全性の面ではフルフェイスがおすすめです。

しかし、休憩時にヘルメットをとらずにジュースを飲んだり、タバコが吸えるのはジェットタイプの魅力です。

いずれにしても最も重視するのは、「JISマーク」がついているかどうかです。

インターネット通販では激安品もたくさんありますが、必ずJISマークは確認しましょう。

バイクヘルメット・ランキング
自転車ヘルメット・ランキング
口コミ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio