日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶときには、SPFやPAの値を参考にします。メーカーでは「アネッサ」「メンソレータム」「ニベア」「ビオレ」などが有名。「資生堂」や「ランコム」など化粧品メーカーものも人気。ノンケミカルやオーガニック、男性用など、こだわりアイテムもあります。ランキングや口コミを参考に、自分に合ったものを探してみましょう。

TOP スポーツ・アウトドア
日焼け止め・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
紫外線はしみはもちろんですが、しわやたるみなどを引き起こすお肌の大敵ですね。

そこでいつまでも若々しいお肌を保つために欠かせないのが日焼け止めであり、
子供用や男性用、クリームタイプやスプレータイプなどがあります。

日焼け止めには「SPF」と「PA」という表示が必ずあり、「SPF」は紫外線のB波をカットする力を示しています。

このB波がしみやそばかすを作ったり、皮膚がんを引き起こす原因だといわれています。

SPFのあとに書いてある数字は、日焼け開始までにかかる時間を何倍に延ばせるかというものです。

また、PAは紫外線A波を防止する効果を表しており、PAのあとについている「+」の数によってその効果の度合いがわかります。

最近では、無添加のものや、ノンケミカルタイプ、オーガニックなどのほか、敏感肌用のものまでいろいろ出回っています。

メーカーでは「アネッサ」「メンソレータム」「ニベア」「ビオレ」などが有名です。「資生堂」や「ランコム」などの化粧品メーカーのものも人気があります。
日焼け止めを選ぶときには、SPFやPAの値を参考にしますが、SPFの数値が大きいものを選ぶ人が多いようですね。

しかし、それはそれだけお肌への負担が大きくなることを意味しており、山登りや海水浴以外では「SPF50」は必要ないということです。

ですから、日焼け止めの選び方のポイントは、自分がどの程度日に当たるのかを考えることが大切です。

ちょっとした買い物程度ではSPF50までは必要なく、かえってお肌にダメージを与えてしまいますよ。

主婦やOLで1日何度が日に当たる人や、トータルで20分以内という場合には「SPF20、PA++」ほどでも十分です。

インターネットの人気ランキングでは実際に使用した人の口コミなどの情報も得られますし、お得に購入できる通販もおすすめです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio