包丁の選び方

包丁の選び方

包丁を選ぶときにはまず自分の調理をする頻度や使い方、調理する食材などを考えましょう。「まずは1本あれば」という場合には、1本ですべてを無難にこなせる包丁「三徳包丁」「牛刀包丁」などがおすすめです。通販ランキングでは、「グローバル」が断トツですが、日本製の「堺」「正本」も多くの人から支持されています!

TOP キッチン用品・食物
包丁・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主婦にとって包丁は大切な調理道具ですから、よく切れる使いやすいものが基本ですね。

包丁の切れ具合によって、料理の味まで変わってくるといわれています。自分にしっくり合う唯一無二のパートナーにめぐり合いたいものです。

包丁には「洋包丁」「和包丁」「三徳包丁」「ぺティナイフ」「子供用」などの種類があります。

また使う用途によっても、魚を刺身にするときに使う「柳刃刺身包丁」、魚をさばくときに使う「出刃包丁」、和食の野菜の細工に使う「薄刃包丁」、主に肉や野菜に使う「牛刀包丁」、主に野菜用の「菜切り包丁」などに分けられます。

材質では錆びには弱いけれど研いだりお手入れができる「安来鋼」、反対に錆びにくいけれど切れ味が続くためお手入れが不要な「ステンレス製」「グレステン鋼」「SLD」「HAP」「セラミック」などの種類があり、それぞれ長所や短所があります。
包丁を選ぶときにはまず自分の調理をする頻度や調理法などの使い方、
調理する食材などを考えましょう。

包丁の専門店やデパートなどでプロのアドバイスをうけながら探すのもよいですし、インターネットでいろいろな口コミや評価などを検索し、それらの情報を元に選ぶのもいいと思います。

研ぎ方や使い方別のアドバイス、 人気ランキングなども参考になりますね。

また、何かあったときにはメンテナンスを受け付けているショップもありますので心強いですね。

最初の1本を選ぶのは難しいと思われますが、お料理初心者や「まずは1本あれば」という場合には、1本ですべてを無難にこなせる包丁「三徳包丁 」「牛刃包丁 」などがおすすめです。

材質では、こまめにお手入れできて切れ味を求めるのなら「鋼系」、錆びにくくお手入れが楽なものなら「ステンレス系 」、予算に余裕があるのなら「複合材系」がいいでしょう。

人気では、「グローバル」が断トツですが、日本製の「 」「正本 」の包丁も多くの人から支持されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio