哺乳瓶 選び方

哺乳瓶の選び方

哺乳瓶を選ぶときのポイントは、「容量」「素材」「形」です。「ピジョン」や「ヌーク」は、「50ml」の小容量のものも用意されています。人気ランキングでは、「ヌーク」や「ベビーディオール」「ドクターベッタ」などが上位。「アップリカ」や「ドクターベッタ」の哺乳瓶は、口コミでも評判。専用のお手入れ器具もセットで、お得なインターネット通販がおすすめです。

TOP キッズ・ベビー
哺乳瓶・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
赤ちゃんは産まれたばかりの頃はお母さんのオッパイを舌とあご、口の回りの筋肉を
上手に使って一生懸命飲みます。

ですから、それが哺乳瓶に変わっても赤ちゃんが同じ運動ができなくてはなりませんので、哺乳瓶選びは大切です。

哺乳瓶には、ガラス製とプラスチック製があります。

ガラス製は熱や消毒に強く、傷つきにくいというメリットがありますが、重くて割れやすいというデメリットもあります。

また、プラスチック製は軽くて持ち運びに便利ですが、小さな傷がつきやすいのでニオイがついたり、衛生面が少し心配です。

一般的には授乳回数が多い新生児にはガラス製、赤ちゃんが自分で持って飲みたがる頃にはプラスチック製を使う人が多いようです。

人気ランキングでは、「ヌーク」や「ベビーディオール」「ドクターベッタ」などが上位に上がっています。
哺乳瓶を選ぶときのポイントは、「容量」「素材」「形」です。

赤ちゃんの飲むミルクの量によって、適切な哺乳瓶の容量が変わってきます。

ほとんどのメーカーでは、120〜150mlの中型、200〜240mlの大型の2種類がありますが、「ピジョン」や「ヌーク」の場合は、果汁用として「50ml」の小さい容量のものから用意されています。

素材については、ガラス、プラスチックそれぞれにメリット、デメリットがありますので、よく考えて選びましょう。

形はだいたいは円柱状ですが、個性的な哺乳瓶もありますよ。たとえば、「アップリカ」の「赤ちゃんの気持ち」はミルクが泡立たないように特殊な形状をしていますし、アメリカの医師が考えた「ドクターベッタ」の哺乳瓶は、母乳と同じ姿勢でミルクが飲めることからとても変わった形をしています。

これらの哺乳瓶には専用のお手入れ器具が必要ですので、購入にはセットでお得に購入できる、インターネット通販がおすすめです。

哺乳瓶・ランキング

哺乳瓶・口コミ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio