枕 選び方

枕の選び方

枕を選ぶときのポイントは、「自分の首筋の高さに合っていること」「首や頭が安定していること」「寝姿勢のチェックや微調整をすること」の3つ。口コミやインターネット通販で人気は、中素材が出し入れ可能な高さ調整機能付き枕です。最近は抱き枕が非常に人気。指定のサイズを計測すれば注文できるオーダーメイドもおすすめです!

TOP 家・インテリア
枕・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
枕は快眠のためには欠かせないアイテムで、どんな枕を選ぶかによって、翌朝の目覚めも変わってきますね。

枕の大きさには4種類ほどの規格がありますが、一般的には「43×63cm」のものが主流です。

ただし、枕のサイズは中身を取り出し、伸ばした状態で計測されていますので実際にはもう少し小さい感じになります。

そして、寝心地を左右するのは、枕の中身ですね。

種類としては、クッション性が優れている「綿素材」、昔ながらの「そばがら」通気性・耐久性に優れている「パイプ」、体圧分散効果が高い「低反発ウレタン」、高級感あふれる「羽根」、独特のさわり心地の「ビーズ」、香りが楽しめる「ひのき」、プラスチックで柔軟性がある「コルマ」などがあります。

また、最近は枕は枕でも抱き枕が非常に人気となっており、枕売り場でも可愛いものもよく見かけるようになりました。
枕を選ぶときのポイントは、「自分の首筋の高さに合っていること」「首や頭が安定していること」「寝姿勢のチェックや微調整をすること」の3つです。

中でも高さは非常に重要であり、枕が高すぎると首が無理な形に曲がり、肩こりや首筋の痛みを引き起こすこともあります。

反対に低すぎる枕は、頭に血液がのぼってしまうことで、寝つきが悪くなったり、熟睡を妨げる原因にもなるということです。

ですから、口コミやインターネット通販で人気があるのは、中素材が出し入れ可能な高さ調整機能がついた枕です。

また、安定感があるのは、中央部分がくぼんでいるタイプで、頭をすっぽりと包み込んでくれます。

いずれにしても、自分に合う枕を探すのなら、実際にお店で試し寝をするのが一番です。枕のお店にはベッドなどが用意されていることがほとんどですし、枕専門のアドバイザーが在籍しているお店もありますよ。

気に入ったものが見つかったら、同じ商品を買うなら、通販の激安ショップを探してみましょう。どうしてもピッタリ合う枕がない場合には、インターネットで注文できるオーダーメイドもおすすめです。

指定された部分の高さや長さなどを計測し、送るだけで世界に1つしかない自分だけの枕がゲットできますよ。

枕・ランキング
枕・口コミ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio