メモリ 選び方

メモリの選び方

メモリを選ぶときのポイントは3つです。自分のパソコンのメモリーモジュールに合わせて購入することが大切で、あとで装着できなかったり、十分な性能が発揮できないということがないように慎重に比較、検討しましょう。メーカーは、「バッファロー」や世界トップクラスの「エルピーダ」などが人気です。

TOP パソコン・周辺機器
メモリ・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メモリとは、パソコンで一時的にデータなどを記憶するための装置です。

パソコンには最初に記憶できるメモリの量がそれぞれ決まっていますので、
途中でメモリが不足して増設する人が多いようです。

メモリ不足になるとパソコンの動作が鈍くなることもありますので、快適にパソコンライフをおくりたいのなら、できるだけ用量の大きいメモリが搭載されたパソコンを選びましょう。

OSが「windows VISTA」なら1GBから2GBのメモリが搭載されていますので十分でしょう。

ただし、ゲームをよくする人や大きなデータを扱う場合には、メモリ増設がおすすめです。

最近は仮想メモリを利用してハードディスクをメインメモリに代用するケースも増えているようですが、容量が少ないと性能の低下につながりますので注意が必要です。

USBで簡単にパソコンにつなぐことができる「バッファロー」や世界トップクラスの「エルピーダ」などが人気となっています。
メモリを選ぶときのポイントは3つです。

・「マザーボード・FSBに対応しているかどうか」
・「主流のDDR SDRAM「PC3200」規格かどうか」
・「信頼できるメーカーのものかどうか」

つまり、自分のパソコンのメモリーモジュールに合わせて購入することが大切で、あとで装着できなかったり、十分な性能が発揮できないということがないように慎重に比較、検討しましょう。

パソコンによって使用できるメモリの種類が異なりますが、中には相性が悪いものもありますので、同じメーカーのものを使えば安心です。

初心者ならメーカーが出している純正品やパッケージ品などがおすすめです。

インターネット通販では、詳しい説明や保障がついているものもありますので、失敗しないように十分検討しましょう。

メモリ・ランキング
メモリ・口コミ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio