老人ホーム 選び方

老人ホームの選び方

老人ホームで最も多いのは「特別養護老人ホーム」で、1割の負担でサービスが受けられます。老人ホームを選ぶチェックポイントは、「入居の条件」「立地条件」「設備」「費用」「食事」「運営理念」「サービス内容」「情報開示」「雰囲気」「スタッフ」など。ベネッセ、ワタミなど、進出する企業も増えています!

TOP 美容・健康
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
老人ホームというと、以前は「裕福な老人が入るところ」というイメージがありましたが、2000年にスタートした「介護保険制度」によって、より身近なものとして考えられるようになりました。

多くの民間企業がこの業界に参入したことでサービスの内容や料金なども大きく変化しており、自分に合う老人ホームを探しやすくなりました。

老人ホームの種類は大きく分けると「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」になります。

それぞれ入居の際の年齢やサービス内容、費用などが異なり、入居者のタイプも違ってきます。

現在、日本で最も多いのは「特別養護老人ホーム」で、都道府県知事の許可があれば、65歳以上の要介護者が介護保険の対象となり、1割の負担でサービスが受けられます。
老人ホームを選ぶときは、数ある中から自分の条件に合う施設を選ぶわけですから、大変な時間と労力がかかります。

チェックポイントとしては、「入居の条件」「立地条件」「設備」「費用」「食事」「医療体制」「苦情対応」「情報開示」「運営理念」「雰囲気」「スタッフ」「サービス内容」「退去について」などがあります。

中には悪徳老人ホームもあるようなので、「安いから」「近いから」という理由だけで決めるのは避けましょう。

比較しながら検討するならインターネットがおすすめです。

資料の請求が一括でできたり、サービス内容や口コミなどもありますのでとても参考になりますね。

そして、めぼしいところが決まったら、必ず実際に足を運ぶことが大切です。

写真だけでは雰囲気やスタッフの対応まではわかりませんので、自分の目または、家族の目で確かめる必要がありますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio