羽毛布団 選び方

羽毛布団の選び方

羽毛布団は、中身を重視しましょう。通販で激安になっている低価格品は、ダウン50%、フェザー50%です。防ダニ機能、撥水機能などがついているとお手入れが楽でより快適になります。「西川」は昔も今も人気が高く、「ふとん工場サカイ」は低価格で打ち直しができるのでよく利用されているようです!

TOP 家・インテリア
羽毛布団・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
羽毛布団の特徴は軽くて圧迫感がなく、さらに布団の上げ下ろしが簡単。

空気をたくさん含み、身体に密着して隙間をつくらないので保温性が高い。放湿性に優れているので乾きやすい。

つまり、軽くて暖かいのが羽毛布団のよいところなのです。

羽毛布団の良し悪しを左右する中身ですが、複数の羽毛を混合するのが一般的です。

タンポポの綿毛のような形状のものが「ダウン」、羽軸を持った羽根状のものが「フェザー」であり、両方が混合されています。

軽くて保温性にすぐれ、採取できる量が少ないダウンの比率が多いほど価格も高くなります。

また、水鳥の種類や採取の仕方、かさ高、生地、縫製などによっても価格に差が生じます。

羽毛布団は長く使っているとだんだんと羽毛が廃れてきますので、そんなときは打ち直しで羽毛の量を増やすのがおすすめです。

「ふとん工場サカイ」は低価格で打ち直しができるのでよく利用されているようですね。
羽毛布団を選ぶときには、やはり中身を重視しましょう。

通販で激安になっているものの多くは、ダウン50%、フェザー50%です。

とりあえずという場合にはこれら低価格のものでも十分だと思われます。「西川」は昔も今も人気が高いようです。

さらに付加機能として、防ダニ機能、撥水機能などがついていると、お手入れが楽でより快適になりますね。

羽毛布団には必ず中身の割合のほかに「かさ高」の表示がありますが、これは布団の厚みではないので注意しましょう。

18cm以上は最高級品であり、価格も10万円以上になり、かさ高が低くなるごとに価格も下がってきます。

12cm前後では3万円程度のものが多く、お求めやすいですね。

おすすめは、最近人気の2枚合わせのタイプで、季節に合わせて好みで選べるので便利です。

ネット通販では、布団とカバーがセットになったお得なものもありますよ。

羽毛布団・ランキング
羽毛布団・口コミ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio