ウェッジ 選び方

ウェッジの選び方

ウェッジの選び方のポイントは、ヘッドの大きさやシャフトの硬さなど、SWとPWは揃えたほうがいいでしょう。シャフトの材質はスチールよりカーボンがおすすめ。 ランキングや口コミを参考にしたり、安定感や打ちやすさは実店舗で試し打ちしてみるのがおすすめ。使い心地がわかれば、通販の激安店や中古品をお得にゲットするのがお得です!

TOP スポーツ・アウトドア
ウェッジ・カタログ
商品の概要 選び方のコツ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゴルフクラブにはウェッジとよばれる、距離が短いショットを打つ時用のクラブがあります。

ウェッジはクラブフェースが上を向いているのが特徴であり、アイアンなどと比べて、高いボールが打てるように設計されています。

ウェッジには大きく分けると、バンカーからのショットに適した「サンド・ウェッジ(SW)」、グリーン周りからのアプローチに適した
「ピッチング・ウェッジ(PW)」の2種類があります。

人気があるのは、「キャロウェイ」や「クリーブランド」「ブリジストン」「テーラーメイド」などであり、それぞれ特徴があります。

ウェッジは、微妙な距離の調節やコントロールが要求されますので、自分が使いやすいものがおすすめです。

一般的にソール部分の傾きであるバンス角が大きいほど、ヘッドがはねる力が大きくなることを覚えておけば、バンカーの状態にあわせてウェッジを使いこなすことができますよ。
ウェッジはドライバーやアイアンなどと同じメーカーのものを揃えている人も多いようですが、ウェッジだけを別に選んでいる人もたくさんいます。

選び方のポイントは、ヘッドの大きさやシャフトの硬さなどですが、できればSWとPWは揃えたほうがいいでしょう。

シャフトの材質は、スチールよりカーボンがおすすめです。

なぜなら、ウェッジはボールのコントロールが要求されるクラブですので、アイアンより重いクラブのほうが安定したスイングができるということです。

また、ロフトの角度はSWとPWでは6度前後の差が理想的だといわれています。

安定感や打ちやすさはやはり実店舗で試し打ちしてみるのがおすすめですが、使い心地がわかれば、インターネット通販の激安店を探したり、中古品をお得にゲットするのもいいですね。

ウェッジ・ランキング
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インターネット通販・商品の選び方 - カテゴリ一覧 -
TOP | スポーツ・アウトドア | 車用品・バイク用品 | 家電・AV・カメラ | パソコン・周辺機器 | バック・小物・雑貨 | ファッション
家・インテリア | 美容・健康 | 金融・投資 | キッチン用品・食物 | キッズ・ベビー
インターネット通販・商品の選び方 (C)shicoto studio